社会福祉法人 あおぞら共生会
社会福祉法人 あおぞら共生会 - 川崎市川崎区京町

  トップページ

  最新記事一覧


202110
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


あおぞらブログ


【理事長 明石邦彦のつぶやき】お土産談義 2021/8/17
 虫取りの帰り道にお土産を買うのも楽しみである。今年は3週連続であったので、3回とも桃を購入することになった。
 一つは談合坂ICで、ついで、妻といったときは桃の直売所で、3回目は桃の直売所が遠いので、甲斐大和の道の駅で買うことにした。道の駅では持ち込みで桃を直売していたので、直売所と同じだと思った。それぞれの値段、味を比較し、評価を行った。

         3か所の桃の価格
場所 値段 個数 大きさ 単価
談合坂IC   1500円  3個  大  500円
裂石直売所   1500    5  大  300
裂石直売所    800    6  中  133
甲斐大和道の駅 1100    5  中  220

評価:
①談合坂ICの桃の味は甘さが弱く、1日経つとぶつかったところが腐り始めた。値段も高いので、出店料も込みで高くせざるを得ないのではと思われた。購入するのにはよいと思われない。
②裂石の直売所での桃は完熟で糖度も高く好評であった。おばあさんの店番で、味見もでき、サービスに商品価値のない傷桃や完熟トマトやスモモをつけてくれた。評価は一番である。
③最後の道の駅は甘みが弱いように感じた。道の駅の店外で売っていたのだが、裂石の直売所よりは劣ると感じた。軒先を借りるための料金が上乗せになっているのかと思えた。なんだか道の駅はスーパーと変わらないような感じがした。

結論:結局、コストパフォーマンスの観点からおすすめは直売所となった。これからはぶどうの季節となる。塩山地区は桃やぶどう、サクランボなどのフルーツ街道であるので、季節に合った果物は直売所で買うのがよさそうだ。すぐに勝沼ICに向かうのではなく、少し寄り道する時間も考慮して虫取りをしたいものだ。9月のコブ(コブヤハズカミキリ)拾いはぶどうの季節だ。


写真:桃からぶどうへ


 



社会福祉法人 あおぞら共生会

〒210-0848 神奈川県川崎市川崎区京町1-16-25 TEL:044-328-7363

Copyright (C) aozora All Rights Reserved.