組織
社会福祉法人 あおぞら共生会

理事長 明石邦彦

〒210-0848 神奈川県川崎市川崎区京町1-16-25 TEL/FAX 044-328-7363 理事 12名 評議員25名 監事2名


サポートセンター あおぞらの街
  • 居宅介護・重度訪問介護・行動援護・同行援護事業
  • 川崎市地域生活支援事業(移動支援・生活サポート)
  • 横浜市地域生活支援事業(移動支援)
〒210-0848 神奈川県川崎市川崎区京町1-16-25
TEL 044-366-7255 FAX 044-366-7254



サポートセンター あおぞらの街エコー
  • 川崎市日中一時支援事業(障害児者一時預かり)
〒210-0848 神奈川県川崎市川崎区京町1-16-25
TEL 044-328-7363 FAX 044-366-7254


自由契約
  • 福祉有償輸送
  • 生活支援サービス
生活支援の場
沿革
[社会福祉法人「あおぞら共生会」の沿革]

社会福祉法人「あおぞら共生会」の前身は、地域作業所「あおぞらハウス」を開設した「ひまわり父母の会」の 南部地区の障害者の親たちを中心としたボランティア団体です。

平成元年 地域作業所あおぞらハウス開設。運営支援・就労支援を目的とするボランティアグループ「あおぞら共生会」スタート。
(川崎区日進町)
平成 3年 生活ホームあおぞら設立(運営委員会方式)。
就労だけでなく、地域社会で自立を目指すなら生活自体も地域で!との方針をたてる。
平成 4年 生活ホーム第2あおぞら設立。(運営委員会方式)。

あおぞらハウス、建物の老朽化立ち退きにあい、浅田に移転。
平成 6年 生活ホーム第2あおぞら、他運営委員会へ移管。
平成 7年 第2作業所ぞうさん設立。
平成 8年 4月より地域作業所あおぞらハウス現在地に転居。(川崎区小田)
平成 9年 生活ホームウィズ設立(運営委員会方式)。重度の自閉症を持つメンバーを中心としたケアホーム。
平成10年 あおぞらの街生活支援センター設立。自由契約による生活支援サービス事業の開始。
将来にわたり地域で自立して生活したいと願う当事者・家族の多様なニーズに応える。
平成12年 あおぞらの街生活支援センターを法人化。特定非営利活動法人サポートセンターあおぞらの街として設立。
地域生活支援の活動を更に広げ、誰もが利用できるサービスを提供する拠点を目指す。
平成13年 社会福祉法人あおぞら共生会設立。(任意団体あおぞら共生会を法人化)地域に開かれた活動を行う。

社会福祉法人あおぞら共生会、知的障害者小規模通所授産施設ぞうさんとして運営開始。
平成14年 川崎市障害児(者)ホームヘルプ事業を川崎市より受託。
川崎市知的障害者相談支援事業を川崎市より受託。
平成15年 生活ホームがグループホームと名称変更。
運営委員会方式より、社会福祉法人あおぞら共生会 知的障害者地域生活援助事業として組み入れ。
事業所グループホームあおぞら、グループホームウィズとして事業を開始。

特定非営利活動法人あおぞらの街を解散(3/31)し、社会福祉法人あおぞら共生会にサポートセンターあおぞらの街を組み入れる。下記事業所を開始。
・知的障害者相談事業
・知的障害者相談事業身体障害者、知的障害者、児童居宅介護等事業。
平成17年 グループホームみらいを設置。
平成18年 他運営委員会よりグループホームあすかを移管。
障害者自立支援法による名称変更。
グループホームから障害程度区分によりグループホーム(区分1)とケアホーム(区分2~6)に名称変更。
・障害福祉サービス事業 グループホーム・ケアホームあおぞら(あおぞら、ウィズ、みらい、あすか)

障害者自立支援法による名称変更。
・障害福祉サービス事業、サポートセンターあおぞらの街。
・移動支援事業サポートセンターあおぞらの街。
・相談支援事業サポートセンターあおぞらの街。
・移送支援事業。
平成19年 障害者自立支援法による名称変更。
・障害福祉サービス事業 地域活動支援センターぞうさん。
  相談支援事業がサポートセンターあおぞらの街から地域活動支援センターぞうさんへ移管。
平成20年 本部事務局を川崎区元木から京町に移転。
平成21年 地域活動支援センターあおぞらハウスを、社会福祉法人あおぞら共生会に組み入れる。

地域活動支援センターぞうさんから、就労継続支援事業B型ぞうさんに移行。

地域活動支援センターぞうさんの相談支援事業が施設型から地域型に。新名称いっしょとして移行独立。

グループホーム・ケアホームボイスを設置。

障害児者一時預かりエコー運営開始。
平成24年 相談支援事業指定事業者と指定。
・計画相談支援、障害児相談支援、地域移行支援、地域定着支援。
平成25年 川崎市の障害者相談支援援助再編成に伴い、障害者相談支援事業の事務所移転。
新名称「地域相談支援センターいっしょ」。

グループホーム・ケアホームみらいを多摩区宿河原から川崎区京町に移転。

地域活動支援センター ブルチェロ開設。
平成26年 法改正に伴い、共同生活介護から共同生活援助へ一元化。名称グループホームに統一。
・障害福祉サービス事業 グループホームあおぞら(あおぞら、あすか、ウィズ、みらい、ボイス)

9月 グループホームガーデンあすか開設

法人本部  〒210-0848 神奈川県川崎市川崎区京町1-16-25

活動方針
あおぞら共生会の活動方針

①「地域で共に生きる」の実現
 地域社会での理解を深め、障害者が地域の人たちと共生できるように環境を整えると共に適切な支援を行い、
 自立できる生活を目指します。
②当事者性の尊重
 障害のある方々とその保護者の皆様の考え方を尊重し、利用者ニーズを十分に把握した上で、
 支援を行い利用者の満足度を向上させる活動を行います。
 このような活動により、障害のある利用者のQOL(生活の質)が向上することを願っています。

あおぞら共生会の経営原則

①自主的に経営基盤を強化する
②提供するサービスの質の向上を図る。
③事業運営の透明性を図る。
 あおぞら共生会はまだまだ小さな組織ですが、障害のある利用者の事を考えた新しい企画を創造しながら
 小回りのきいた斬新的で、かつ創造的な活動にチャレンジし続けたいと思っています。

メッセージ

理事長 明石邦彦
かって研究所や経営企画部門で世界の最先端で競争していた時は
戦略作りの重要性を身をもって経験してきました。
自分たちの新しい考え方であれ、技術開発であれ、
戦略によって差別化できる施策を打つことと、組織員がベクトルを合わせ、
仕上げることの楽しさを享受することが大事だと心得ます。
福祉組織も同じだと思います。
大きさの限界を見据え、小さな利点を生かした新鮮な取り組みが必要です。
いくら外国の新しい概念を叫んでも、
地域に住まう利用者の本音に触れた活動を指向した方が
日本流の新しいトレンドを作ることができます。
このような思いを持つ人たちが集まる組織にしたいものです。
決算報告・現況報告書
決算報告
社会福祉法人 あおぞら共生会 平成27年度決算報告
決算書 PDF形式:96.5KB
  • 資金収支計算書
  • 事業活動計算書
  • 貸借対照表
財産目録 PDF形式:21.4KB


事業報告
社会福祉法人 あおぞら共生会 平成27年度事業報告書 2016年3月
平成27年度 あおぞら共生会 事業結果 PDF形式:424KB


事業計画
社会福祉法人 あおぞら共生会 平成28年度事業計画 2016年4月
平成28年度 あおぞら共生会 事業方針 PDF形式:152KB


現況報告書
社会福祉法人 あおぞら共生会 平成27年度現況報告書 2016年4月
社会福祉法人現況報告書 PDF形式:452KB


機関紙
機関誌「あおぞら」一部掲載

あおぞら共生会では機関誌「あおぞら」、「明石通信」を発行しています。
賛助会員様には、機関誌「あおぞら」及び「明石通信」を送らせていただきます。
ご入会ご希望のかたはページ上部右側、”お問い合わせ”より"機関誌「あおぞら」、「明石通信」購読希望とご記入のうえご連絡下さい。

機関紙 「あおぞら」 一部掲載

社会福祉法人 あおぞら共生会

〒210-0848 神奈川県川崎市川崎区京町1-16-25 TEL/FAX 044-328-7363

メールお問い合わせ