社会福祉法人 あおぞら共生会
社会福祉法人 あおぞら共生会 - 川崎市川崎区京町

  トップページ

  最新記事一覧


20197
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


あおぞらブログ


【理事長 明石邦彦のつぶやき】歯ブラシ&歯間ブラシ 2019/7/17
 4カ月に一度、歯科検診に出かけている。先日出かけて、いつもの検診が始まった。私は歯石を取るために引っ掛けのような用具でガリガリとやられるのが好きである。歯垢がひきはがれるように取れているような感がする。超音波でやるよりは手動で、歯の間をひっかけられるとゾクゾクしてしまう。そのため、検診前には口内の手入れには大層気を遣う。私は結構歯磨きマニアといえるのかもしれない。歯ブラシは大型、小型、長いものから短いもの、歯ブラシの列は4列から2列、一本ものを含めて15種類ほどがそろっている。気分に合わせて色々なタイプを使い分けている。歯間ブラシも3社のものを使い分けながら歯の保守に努めている。ただ、先生によると会社ごとに規格が統一されてはいないとのことである。ミリ単位で表すもの、大きさや長さ(L、Mなど)で分別するものとかがある。私の歯茎は歯間の大きさがばらついているので、使い分けが必要で、何とも不便極まりない。
 今回の検診では事前の歯磨きや歯間の洗浄が良かったのか、アシスタントの女性からも褒められた。最後に、先生の検診も問題なしとのことである。ただ、ブリッジをかけているところの磨き方の話になった。先生に「ブリッジ下の広い空間の清掃は骨が折れます。空間が大きいので、適した歯間ブラシがないですか」と伝えた。そうすると、大きさの違う歯間ブラシを持ってきて隙間の清掃をやってくれた。特大のLLサイズは隙間には入らなかった。「ぴったりくるのはこの大きさですね。Lですよ」と教えてくれた。規格が一定したものではないので、各社の製品で実際にぴったりくるものを選ばねばならないと悟った。
ただ、自分の歯間を考えた場合、大きさは千差万別なので色々な種類を取り揃えておく必要があるようだ。ただし、L字タイプは使いにくい。ストレートタイプは力がかかるので、歯垢を除去しやすく感じるが、L字タイプはどうもである。諸兄にはどのように感じるでしょうか?

写真:①歯垢除去 ②ブラシの色々


 



社会福祉法人 あおぞら共生会

〒210-0848 神奈川県川崎市川崎区京町1-16-25 TEL:044-328-7363

Copyright (C) aozora All Rights Reserved.