社会福祉法人 あおぞら共生会
社会福祉法人 あおぞら共生会 - 川崎市川崎区京町

  トップページ

  最新記事一覧


20188
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


あおぞらブログ


【理事長 明石邦彦のつぶやき】 グループホームからの卒業  2018/8/17
 就労のために故郷を離れ、川崎に働きに来た人が今グループホーム(GH)で生活をしている。本人との個人面談を重ねるに従い、故郷へ帰りたい要望がモニタリング資料からも読み取ることができた。そのため本人の意思に沿って、帰省を実施するようにプッシュした。
 私はこの方の入居のいきさつをよく知っている。以前から川崎では親戚も少なく、就職も挫折し、昼も、夜も誰かの拘束下に置かれるのは本人にとって良い精神状態ではないと考えていた。そのため、彼が故郷に帰り、伸び伸びと生活した方が良いので、チャンスがあれば実現したいと職員には伝えていた。何度かの帰省のたびに故郷の母親の意見も聞き、彼自身でも帰省する考え方に傾いてきた。そこで、現地の相談支援センターなどと連携して、帰省を実現するように計画を立て、推進した。
 帰省を考えた要因はいくつかがあげられる。また、ある程度の社会ルールは身につけていただかないとどこででも共同生活や一人暮らしは考えられないのではないかと思い、本人、支援者とともに努力した。
 彼がGH入居後、私にとっては印象深いアクシデントは以下のようにたくさんあった。
①就労の失敗:フォークリフト運転で資格取れずに会社をクビに。車の運転はどうして取れたのかと不思議に思った。一般就労はノルマがきつく、本人は望んでいないようである。しかしながら、合理的な配慮を行い、限度を超えなければそれなりに仕事はできると考える。一部出来ないふりをしているのではないかと思うときもある。
②親戚の存在:身近な親戚は叔父さん一人で、就労失敗後、叔父さんの家に同居。叔父さんのパワハラに萎縮し、物言いが出来なかった。しかし、GH入居に伴い、叔父さんとの関係が切れたので、最近は自分の考えを言えるようになってきた。
③入居時での蛮行:タバコ・ビール缶ののポイ捨て、マンション周りの電柱への立ちション、隣の玄関先での酒盛り、下着姿でのコンビニの買い物などが見受けられ、マンション住人とのトラブルも想定された。障害者との接し方などマンション管理人と築いてきた信頼関係が崩壊すると困るので、本人・支援者にも話をし、マイナス行動の改善を図った。
④窃盗事件:コンビニでのライター盗み 
ライターをたくさん持っているので、尋ねたらコンビニで万引きしたというので、謝りに行ったら店長が写真撮影。人権侵害の恐れがあるために写真を回収。今は人が付き添っているから盗みはしないが、一人で生活するとどうなるかは心配。故郷でのバックアップが必要と思う。お金に余裕があるうちは良いが。金欠状態ではわからない。
⑤運転免許証の力を理解:着たきり雀なので、服を寄付したら、その服を売り、お金に換金(品物かも?)。また、免許証で金を借りることができることを理解しているので、免許証を預かり、書き換えの手続きの時は返却する。そのためにゴールド資格。親にでも預かってもらわないと消費者ローンで借金漬けになる可能性がある。
⑥大量の水を摂取:このため頻繁なトイレで、検査入院。今でも水分摂取は多い。トイレの頻度は高いままだが、漏らしは少なくなっている。
⑦同居利用者に対する恐怖:鍵のかかる4畳の部屋にこもりっきり。もともとの与えられた6畳の部屋にはタンス、押し入れがあり、寝場所と荷物置き場を区分けしている。帰省して生活ホームに入居予定である。そこは一人一人が個室なので、問題なしでは。
⑧毎日が拘束のジレンマからの解放:土日のお出かけ、平日の通所時の送り迎えはヘルパー利用。昼(通所)も夜(GH)もすべてが拘束された人生よりは自由度のある故郷へ。人も景色も思い出深いはず。親戚や友達も多いはずなので、本人は楽しいのではないだろうか。  

結論:毎日誰かが付いている状態では息苦しいだろうからチャンスがあれば帰省。社会のルールはGH生活3年でほぼ獲得した。何度かの帰省を通して故郷に戻る機運が高まったので、意思が変わらぬうちに期日を切って、実施する。特に、相談支援員が同郷であることもあり、方言によるやり取りで本件はスムースに進められると思われた。
 また、GHではなく、生活ホームへの入居予定になったので、土日の昼間の食事作りを支援員と練習した。昔は食事を作っていたので、問題はない。そして、8月8日に片道切符で帰郷する予定である。
元気でね。いずれ生活ホームを出て、自立した生活を願っている。

写真:①故郷に戻る! ②③免許の取得~普通自動車はOK、フォークリフトはダメ 





社会福祉法人 あおぞら共生会

〒210-0848 神奈川県川崎市川崎区京町1-16-25 TEL:044-328-7363

Copyright (C) aozora All Rights Reserved.